公務員講座/合格体験記

●TACを選んだ理由
私は理系学部に所属しているため、実験などの都合で生講義に参加できない可能性がありました。そこで自分の時間に合わせて視聴できるDVD講義が充実しているTACを選びました。

●TAC高松校の良い点
定期的に開催される模試が良かったです。自分の得意分野や苦手分野を確認できることや、TAC高松校での順位が分かることから頑張ろうという意欲につながりました。また丁寧な面接対策も魅力の一つです。繰り返し練習をすることで本番ではリラックスして面接に臨めました。先生とマンツーマンでの面接対策はもちろん、他の受講生と一緒に練習を行うことで学べることがたくさんありました。

●講義の受け方、レジュメの使い方
講義中はひたすらメモを取るということに集中しました。講義中に分からなかった点には、どういうところが分からなかったかというメモを残し、分からないをそのままにしないように気を付けました。また演習講義では付箋を使ってメモを取り講義後にレジュメの該当箇所に貼るようにしていました。レジュメを探して聞き逃すことも減りますし、同じ内容の付箋が貼ってあった場合には理解が出来ていないのだと再確認することもできたのでよかったです。

●合格に結びついた学習方法
V問題集を繰り返し解きました。頻出度別に問題番号を書き出した一覧を作り、その一覧に○×を付けることで、頻出度の高い問題の中でも間違ったところを重点的に繰り返しました。このとき間違った内容や、初めて知った内容についてもレジュメに書き込むようにしていました。また直前期には、レジュメを確認してその中でも付箋や書き込みが多い部分だけを抜き出し、自分の苦手を詰め込んだノートを作りました。試験直前にはそれを確認して不安を取り除いて試験に臨むようにしていました。

●学習中の反省点
経済学に苦手意識を持ちあまり演習に参加しなかったことです。もう少し勉強してから演習に参加しようと思い留まってしまったので、他の教科と比べて演習の参加回数が少なくなってしまいました。実際に参加してみると問題を解くことで理解できる部分もあったのでもっと早くから参加しておけばよかったと思いました。レジュメなどを確認して知識を付けることももちろん大切ですが、問題に当たることで理解できることも沢山あるので、問題が解けないからといって演習講義に参加しないことはもったいないと思います。

●受験生へ一言
公務員試験は長丁場です。是非、一緒に頑張る仲間を見つけてください。苦しい時もありますが、一緒に頑張る仲間がいるだけで少し楽になります。TAC高松校では同じ目標に向かって頑張る仲間が沢山見つかると思います。自分の目標に向かって最後まであきらめずに頑張ってください。

参加予約:0120-30-3700